巻次
高僧
494頁
表示設定
ブックマーク
表示設定
文字サイズ
書体
  • ゴシック
  • 明朝
カラー
テキスト情報
本文
画像情報
画像情報
本文

三者信心相続せず
余念間故とのべたまう

30三信展転相成す

行者こころをとどむべし
信心あつからざるゆえに
決定の信なかりけり

31決定の信なきゆえに

念相続せざるなり
念相続せざるゆえ
決定の信をえざるなり

32決定の信をえざるゆえ

信心不淳とのべたまう
如実修行相応は
信心ひとつにさだめたり

33万行諸善の小路より

本願一実の大道に
帰入しぬれば涅槃の
さとりはすなわちひらくなり

34本師曇鸞大師をば

粱の天子蕭王は
おわせしかたにつねにむき
鸞菩薩とぞ礼しける

已上曇鸞和尚


道綽禅師  付釈文 七首
1本師道綽禅師は

聖道万行さしおきて
唯有浄土一門を
通入すべきみちととく

2本師道綽大師は

涅槃の広業さしおきて
本願他力をたのみつつ
五濁の群生すすめしむ

3末法五濁の衆生は

聖道の修行せしむとも
ひとりも証をえじとこそ
教主世尊はときたまえ

4鸞師のおしえをうけつたえ

綽和尚はもろともに
在此起心立行は
此是自力とさだめたり

5濁世の起悪造罪は

暴風駛雨にことならず
諸仏これらをあわれみて
すすめて浄土に帰せしめり

6一形悪をつくれども

専精にこころをかけしめて
つねに念仏せしむれば